見付天神裸祭と舞車おどり(旧:舞車フェスタ)

見付天神裸祭と舞車おどり(旧:舞車フェスタ)

【注意】
裸祭りでは一般参加受付の中止や、参加方法の変更などが相次いでいます。
事前に公式サイトを検索するなどして、必ず確認をしてからお出かけください。



1.見付天神裸祭り

・祭りの名前:見付天神裸祭り
・交通手段(最寄りの駅・バス停):JR磐田駅よりバスで見付下車徒歩約3分
・祭りの内容と日程・時間:
旧暦8月10日直前の土日曜日(平成9年は、9/6,7)21:00〜午前1:00頃まで

「見付天神裸祭」は矢奈比売神社(見付天神社)の神様が、遠江の総社である淡海国玉神社へ神輿に移され渡御する際に行われる祭です。渡御に先立ち裸の群衆が町中を練り歩き、拝殿で乱舞することから「裸祭」と呼ばれています。

・祭事の場所または巡行コース:
静岡県磐田市見付、旧東海道の見付本通りと、見付天神社拝殿で行われます。
土曜日の夜21時から深夜、翌日の午前1時にかけての時間です。裸の男たちは、梯団と呼ばれる4つの集団毎に見付の域内を練り歩き、23:00頃より順次拝殿に練り込む。翌午前0時30分、煙火の合図と共に町全体の灯火は消され、拝殿奥から練りの集団を掻き分けて神輿が出御、町の中央にある淡海国玉神社まで駆け込む。

・事前申込による参加の可否:
町内から参加することが原則となっております。希望者は私までお問い合わせ下さい

裸の練りの進むコースや、しきたりを理解して参加しないと思わぬトラブルに巻き込まれ兼ねませんので、参加の際、各町で説明受けて下さい。

・飛び入り参加の可否と、その方法:
正式な服装と規則を理解して参加しないと、思わぬトラブルに巻き込まれる可能性があります。
飛び入りの場合でも、参加町の会所で説明を聞いて下さい。

・その他、祭りのコツ・見物の穴場および何かひとこと:
見物の穴場:
1)道中の練り(21:00より23:30頃まで見付本通りにて)
2)拝殿での練り【鬼踊り】(23:00より翌0:30頃まで天神社拝殿にて)
3)神輿渡御【おわたり】(0:30より約15分間、天神社から総社にかけて)
4)神輿胴上げ(日曜日夜20:00頃、天神社拝殿前にて)。

主な参加者の注意事項:
1)上記正装厳守のこと。
2)練りに参加するときは、進行方向に対して前から入らないこと。
3)拝殿内で、灯火が消され、神輿が出御したら、拝殿内に残らず、神輿に従い総社までお供する事。
4)一般参加者は、鈴、神輿には触れないこと。

・実行委員会:
 見付天神社:〒438静岡県磐田市見付1114-2

2.舞車おどり(旧:舞車フェスタ)

・交通手段(最寄りの駅・バス停):JR磐田駅よりバスで新通町下車徒歩約2分
・祭りの内容と日程・時間:
例年8月の第2土曜日 18:00〜21:00
 「舞車」は、見付宿(静岡県磐田市見付)の東西の町から繰り出す舞車(舞台付の山車)に、その時泊まり合わせた旅人が舞手となり舞を競う、平安時代より江戸時代の享保年間まで今の見付本通りで続けられていた、見付祇園会の神事です。長い間途絶えていたこの祭を、現代風に再現したのが「舞車フェスタ」です。「舞車サルサ」では、サルサのリズムで参加各チームが躍動的に踊りを競い合います。「薪舞」では、謡曲舞車に謳われた出会いのロマンを舞踊で再現、幻想的な雰囲気に包まれます。

・祭事の場所または巡行コース:
静岡県磐田市見付、旧東海道の見付本通りの中央部(総社前あたり)で行われます。

見付本通りを南北に横切る中央幹線の東西で「舞車サルサ」を、総社前の特設ステージで「薪舞」が演じられます。

・事前申込による参加の可否:
グループでも個人でも自由に参加することが出来ます。
参加費が必要です(保険料込み)。
詳しくは「舞車おどり」ホームページをご覧下さい。

・実行委員会の連絡先:
「舞車おどり」ホームページ


目次ページへ
トップページへ